アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

遺品整理と引越し

モップ

高齢者が多くなっている昨今、片方の親が亡くなり、高齢の親が一人きりになる場合、施設入所や自分のもとに引き取るということがあります。
できれば一日で片付けたいと思っていても、素人では亡くなった親の遺品整理と、引き取る親の引越しの両方は同時に行えるものではありません。
引越し専門業者に頼んでも、膨大な荷物をただ安全に運んでくるだけなので、その後の遺品と荷物仕分けや片付けの手間は、引き取り手に全部かかってきてしまいます。

両方一気に片付ける
その点、便利屋に依頼すると、両方が簡単に片付きます。
荷造りをする前に遺品の要・不要を判別して、業者によっては不用品をそのまま引き取って処分してくれるので、大変助かります。
処分費用も安くて安心です。
引越ししていく側の荷物も迅速に詰め込んで、専門業者に負けないほどのサービスをもって、転居先へ荷物を届けます。
家具設置、補償などの今では当たり前となったサービスも付帯することがあるので、確認してみることも重要です。

融通がききます

ソファー

何と言っても便利屋が行う引越しは、融通が利くことが利点となります。
長年住んでいた家に大事にしていた庭木があれば持ってくるように手配できたり、型にはまった専門業者のプランでは中々叶えてくれない利用者の希望を、できるだけ叶えるように努力してくれます。
便利屋は他の業者にもネットワークがあり、自分のところで出来ないようなこともネットワークを利用して紹介してくれることもあるため、まずは相談してみることをお勧めします。

ある日突然入る連絡
何年も音信不通だった身内の遺品整理をある日突然頼まれてしまうことがあります。
フラッと出て行ったきりそのまま音信を途絶えさせてしまう人がたまにいますが、その人が亡くなると身元の確認がなされます。
その結果として、死亡の連絡と同時に遺品の片付けや引き取りを依頼する電話が入ることになるわけです。
連絡を受けた方としてはビックリしてしまいますが、まずは遺骨等の引き取りに飛んでいくことになります。
その際に、持って帰ることができる程度の遺品が残されているのであれば特に問題ありませんが、大量の遺品が残されていたような場合には少々面倒なことになります。

遺品整理できない場合

マトリョーシカ

 亡くなった身内が、その地で賃貸アパートなどを借りて生活していた場合であれば、アパートの部屋に家財道具一式が残されているはずです。
早く部屋を開けないとドンドン賃料がかさんでしまいますので、なるべく早く遺品整理したいところですが、遠方に住んでいたりすれば、そう簡単にはいきません。
そのような際に利用できるのが、遺品整理業務も行っている引越し業者や便利屋です。
遺品を整理したり、不用品を処分したりすることはもちろんのこと、運搬まで頼むことができますので、とても便利です。

安心できる便利屋とは
 ただし、便利屋に作業を依頼することに対しては一抹の不安を覚える人が少なくありません。
なぜかと言いますと、一昔前に、遺品の整理作業を依頼された便利屋が、故人の家から回収してきた不用品を不法投棄する事件が多発した時期があったためです。
不法投棄が発覚すれば、実際に不法投棄した便利屋が罰せられるだけでなく、作業を依頼した客も責任を問われてしまうことになります。
安心して頼める便利屋を見極めたいと考えているのであれば、廃棄物収集運搬許可を取得しているかどうかを確認するようにするとよいでしょう。